福岡市の税理士 税理士法人 福岡中央会計コラムコーナー

税理士法人 福岡中央会計の所長 瀬戸英晴が
毎月コラムを発信しています。
あなたも下記に登録していただきますと、
コラム掲載画面へ進めます(料金は一切かかりません)

●登録後、あなたのメール宛てにパスワードが送付されます。そのパスワードを入力しますと、コラムをお読みいただけます。

●あなたの個人情報等は、第三者に提示することは絶対にございません。

       

●「必須」の付いているのは、必須入力ですので、よろしくお願いします。

お名前必須
メールアドレス必須
住所(都道府県)必須
お得な情報などを

希望されますか
必須
当社サイトを
知ったのはどこで?必須

       

(令和2年 9月号~令和2年11月号は、
読むためにパスワードが必要です。)
(令和2年8月号より以前のコラムは、読むためにパスワードは不要です。)

上の「登録フオーム」にご登録いただきますと、
パスワードをメールで、すぐお送りいたします。
ご興味のある方に読んでもらいたいので、このようにしています。
ご面倒ですが、よろしくお願いいたします。

令和2年11月号 税理士法人 福岡中央会計コラム

2020/11/27

テーマ215号:ふるさと納税の功罪(A4に2頁)クリック

 

 

 

コロナ禍に揺れた一年も、残すところあとひと月になりました。

 

年内に終わらせておかなければならない、
大事なことのひとつに近年「ふるさと納税」が加わり、

ポータルサイトのテレビCMが頻繁に流れています。

 

 

さて、この「ふるさと納税」は
菅総理が総務大臣だった08年に、
大臣肝いりの案件としてスタートしたものです。

 

 

その後、官房長官になっていた菅さんに、
返礼品の高額化や競争の激化に歯止めをかけるよう提案した官僚が、
ただちに左遷されたという逸話も最近報道されていました。

 

制度の旗振り役の当事者が首相になったこともあり、
改めて虚心坦懐に、「ふるさと納税」の功罪について
考えてみたいと思います。

 

なお、今回法政大学の平田英明教授の
論文「ふるさと納税の功罪-非効率な制度設計の被害者は誰か」
(東京財団政策研究所)を参考にさせてもらいました。

 

さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。

 

どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。

 

続きはパスワードを取得してごらんください・・・
上記↑の登録フォームに記載してください。

 

すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

 

令和2年10月号 税理士法人 福岡中央会計コラム

2020/10/27

テーマ214号:非接触と「ふれる」こと(A4に2頁)クリック

 

リモートワーク
緊急時のやむを得ない選択ではなく、
普通の働き方として
認知されるようになりました。

 

 

職場や周りの環境との接触の機会
大幅に削られています。

・・・

 

 

大皿によそられた肉の煮込みに、
みなで手を突っ込んで食事をする
中世の世界からの脱却です。

 

 

今回のコロナ禍で
大きく進んだ非接触の流れは、

この文明化のプログラムの
最後の一手なのかもしれません。

 


さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。


どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。


(続きはパスワードを取得してごらんください・・・)
上記↑の登録フォームに記載してください。

 

すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

令和2年9月号 税理士法人 福岡中央会計コラム

2020/9/28

テーマ213号:茶人、茶を語らず(A4に2頁)←ここをクリック

 

趣味の茶道のことを当コラムで何度かとりあげてから、

顧問先様から話題に挙げていただく機会が増えました。

 

「税金豆知識」のようなものでお茶を濁すのは避け、

日々の仕事や生活の中で感じたことをお伝えしたいという一心で、

 

ネタをふりしぼっているうちに、内緒にしておいた

茶道の話に行きついたというのが正直なところです。

 

そのような事情があるとはいえ、・・・

 

さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。

 

どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。

 

(続きはパスワードを取得してごらんください・・・)
上記↑の登録フォームに記載してください。

 

すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

令和2年8月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(パスワードは不要)

2020/8/27

テーマ212号:こころの相続(A4に2頁)←クリック

 

約40年ぶりに相続法が改正されたからでしょうか、

 

五木寛之さんは、これまでほとんど縁のなかった
経済団体や新聞社主催の経営セミナーなどで、

 

「相続」に関する講演の依頼を受ける機会が
増えているのだそうです。

 

北朝鮮からの引揚者で早くに両親を亡くした五木さんは、
「自分は両親から何を相続したのだろうか」

 

と自問するのだと、著書『こころの相続』(SB新書)
で述べています。

 

 

さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。

 

どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。

 

(続きはパスワードを取得してごらんください・・・)
上記↑の登録フォームに記載してください。

 

すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

令和2年7月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(パスワードは不要)

2020/7/27

テーマ211号:遺言の思いが届くように(A4に2頁)←クリック

 

 

情報学者のドミニク・チェンさんは、
「あいちトリエンナーレ2019」に

『Last Words / Type Trace』という作品を
出展しました。

 

この作品は、10分以内に誰か一人に向けて遺言を書くという
テーマで募集し、展示期間中に2300人以上が
書いた遺言をタイプトレース再生するというものです。

 

モニター画面に再生される遺言の行間から
おのずと出てきてしまうものは、
ある種の「祈り」なのではないか、

 

そうドミニクさんは語ります。

 

テキストを寄せた2300人のほとんどに共通するのが、

 

「相手の人に、自分がいなくなった世界でも、
幸せな世界を生きてほしい」

 

という祈りであったと。
(『波6月号』新潮社 対談記事を参照しました)

 

さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。

 

どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。

 

(続きはパスワードを取得してごらんください・・・)
上記↑の登録フォームに記載してください。

 

すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

 

令和2年6月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(パスワードは不要)

2020/6/27

テーマ210号:コロナの時代の未来像(A4に2頁)クリック

 

 

全国レベルの緊急事態宣言が解除されて1か月がたち、
ようやく私たちのまわりの経済活動も再開され始めました。

 

思い返せば、この3か月ほどのあいだに、
私たちはいろいろな経験をし、狭い経験のなかでの判断や
思い込みが、いかに当てにならないものであるか
思い知らされたように感じます。

 

私どもの事務所が、テレワークに着手したのが、
緊急事態宣言が発令される2日前でした。

 

しかし、・・・

 

さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。

 

どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。

 

(続きはパスワードを取得してごらんください・・・)
上記↑の登録フォームに記載してください。

 

すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

令和2年5月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(パスワードは不要)

2020/5/27

 

テーマ209号:コロナショックを乗り越える心得(A4に2頁)←クリック

 

コロナショックの経済へ及ぼす影響が、
訪問先企業の売上数字として現れるようになってきました。

 


何よりも人を不安にさせるのは、
かつてない危機がどの程度の期間、
どの位のインパクトで私たちに影響を及ぼすのかが、
想像さえできないということです。

 

経営共創基盤でJALの再建などを手掛けた、
冨山和彦さんの著書に、経済へのインパクト、
日本企業の生き残り戦略などが展開されており、

 

今回はその内容の一部をご紹介したいと思います。

 

さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。

どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。

 

(続きはパスワードを取得してごらんください・・・)

上記↑の登録フォームに記載してください。

 

すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

令和2年4月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(パスワードは不要)

2020/4/27

テーマ208号:いのちの水流(A4に2頁)←クリック

 

博多の町に欠かせない大切な行事「博多どんたく」も「博多祇園山笠」も今年は開催されないことが決まりました。

 

伝統を引き継ぐ担い手にとっては、断腸の思いの決断だったと思います。

 

疫病退散を祈祷する目的で、鎌倉時代、承天寺の聖一国師が水をまきながら町を清めて回ったのが「山笠」の発祥とも言われているので、

 

この時期、開催できないことは、二重の意味で無念だったろうと思います。

 

さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。

 

どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。

 

(続きはパスワードを取得してごらんください・・・)
上記↑の登録フォームに記載してください。

 

すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

令和2年3月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(パスワードは不要)

2020/3/27

テーマ207号:新型ウイルスの源流(A4に2頁)←クリック

 

小松左京の『復活の日』は、新型ウイルスのパンデミックで、人類が絶滅の危機に陥るという恐ろしい小説です。

 

小説の中では、つい2か月前まで通勤客でごった返していた電車のホームが閑散とし、咳込む人がいれば周りの乗客が神経質に身構えるようになる様子が描かれています。

 

1964年の作品ながら、その描写は「いま」を正確に写しているように見えます。

 

さあ! 続きは、
今すぐ、登録してお読みください。

 

(続きはパスワードを取得してごらんください・・・)
上記↑の登録フォームに記載してください。

 

すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

令和2年2月号 税理士法人 福岡中央会計(パスワードは不要)

2020/2/26

テーマ206号:新型コロナウイルス感染対策に考える(A4に2頁)←クリック

 

新型コロナウイルス感染の影響が深刻になっています。
(執筆時点は2月25日です)

 

先般、神戸大学の岩田健太郎教授が、集団感染を引き起こした
クルーズ船の感染予防体制に問題提起して、

船外への退去を要請された件には、
色々と考えさせられる事があります。

 

どこにも活字になっていない新鮮なネタをお届けします。

(続きはパスワードを取得してごらんください・・・)
上記↑の登録フォームに記載してください。

すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

1 2

税理士法人 福岡中央会計

〒810-0001
福岡市中央区天神5丁目7-3
福岡天神北ビル3階

・北九州事務所
〒802-0005
北九州市小倉北区堺町1丁目9-6
コンプレート堺町4階