福岡市の税理士 税理士法人 福岡中央会計コラムコーナー

税理士法人 福岡中央会計の所長 瀬戸英晴が
毎月コラムを発信しています。
あなたも下記に登録していただきますと、
コラム掲載画面へ進めます(料金は一切かかりません)

●登録後、あなたのメール宛てにパスワードが送付されます。そのパスワードを入力しますと、コラムをお読みいただけます。

●あなたの個人情報等は、第三者に提示することは絶対にございません。

       

●「必須」の付いているのは、必須入力ですので、よろしくお願いします。

お名前必須
メールアドレス必須
住所(都道府県)必須
お得な情報などを

希望されますか
必須
当社サイトを
知ったのはどこで?必須

       

(令和5年12月号~令和6年2月号は、
読むためにパスワードが必要です。)
(令和5年11月号より以前のコラムは、読むためにパスワードは不要です。)

上の「登録フオーム」にご登録いただきますと、
パスワードをメールで、すぐお送りいたします。
ご興味のある方に読んでもらいたいので、このようにしています。
ご面倒ですが、よろしくお願いいたします。

令和5年4月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(新しい時代の羅針盤)(パスワード不要)

2023/4/27

タイトル:『新しい時代の羅針盤』(A4に2頁)←クリック

 

天神北から都市高速に乗って東に向かうと、左手に博多港が望めます。

そこに久しぶりに巨大クルーズ船が停泊しているのを見かけました。

クイーン・エリザベス号です。

 

 

博多港でこれだけの大型客船を見るのは3年数か月ぶりのことでした。

 

その翌日、「福岡大名ガーデンシティ・パーク」というすっかりお洒落な名前になった旧大名小学校校庭で、


「福マルシェ」というイベントが開催されるというので、覗いてみました。

 

「オーガニック」や「地産地消」をテーマにしたマーケットで、

地ビールやジビエなどの出店が芝生のうえに軒を連ね、多くの人で賑わっていました。

 

ところで、豪華客船を久しぶりに見ても、小洒落たマーケットを覗いてみても、

やっとコロナ禍が明けつつある清々しい感覚とは程遠いのは、なぜなのでしょう

 

コロナ禍前にただ戻るだけの日常に対する、不安や戸惑いだけなのでしょうか。

 

おそらくそれは、・・・


さあ! 続きは、

今すぐ、

上記フォーム↑↑↑に登録してお読みください。


どこにも活字になっていない
新鮮なネタをお届けします。

(続きはパスワードを取得して
 ごらんください・・・)

上記↑↑↑の登録フォームに

記載してください。


すぐに、パスワードがメールで届きます

 

 

令和5年3月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(梅、桃、桜の季節に)(パスワード不要)

2023/3/27

タイトル:『梅、桃、桜の季節に』(A4に2頁)←クリック

 

 

15年ほど前まで、事務所が舞鶴公園の近くにあったときには、

紅白の梅の木を仕事の合間に見に行ったものでした。

 

石碑横の大きな桃の木は、

毎年会うのを楽しみにしていたほどです。

 

確定申告で疲れた頭を冷ますためには、

桜の花よりも梅や桃の可憐な花の方が

ふさわしかったように思います。

 


・・・

さあ! 続きは、

今すぐ、

上記フォーム↑↑↑に登録してお読みください。

 

 

どこにも活字になっていない
新鮮なネタをお届けします。

(続きはパスワードを取得して
 ごらんください・・・)


上記↑↑↑の登録フォーム

記載してください。


すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

令和5年2月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(お墓について考える)(パスワード不要)

2023/2/27

タイトル:『お墓について考える』(A4に2頁)←クリック

 

民俗学者の柳田国男に『先祖の話』という小品があります。

そのなかに「自分はそのうちご先祖様になるんだ」と言って、

そのことだけを頼りに生きている老人の話が出てきます。


柳田は不思議なことに、その老人を感動して見ているのです。

さあ! 続きは、

今すぐ、

上記フォーム↑↑↑に登録してお読みください。



どこにも活字になっていない
新鮮なネタをお届けします。

(続きはパスワードを取得して
 ごらんください・・・)



上記↑↑↑の登録フォームに

記載してください。


すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

 

令和5年1月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(「賢い生前贈与」について)(パスワード不要)

2023/1/29

タイトル:『「賢い生前贈与」について(A4に2頁)←クリック

 

令和5年度の税制改正大綱で、

贈与税相続税のしくみが変わる方向が打ち出されたことは

前回当コラムでお伝えしました。

 

相続時精算課税制度で

これまで使えなかった110万円の非課税枠

使えるようになったことは驚きでした。

 

ここでもう一つ特筆すべきことは、


・・・

 

さあ! 続きは、

今すぐ、

上記フォーム↑↑↑に登録してお読みください。


どこにも活字になっていない
新鮮なネタをお届けします。

(続きはパスワードを取得して
 ごらんください・・・)


上記↑↑↑の登録フォーム

記載してください。


すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

令和4年12月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(令和5年度税制改正大綱発表)(パスワード不要)

2022/12/26

テーマ240号:『令和5年度税制改正大綱発表』(A4に2頁)←クリック

 

 

令和5年度の税制改正大綱が、12月16日にようやく発表されました。


企業の研究開発費に対する特例措置の改正など、

顧問先各位へ直接影響のある変更
盛り込まれていますが、


今回は「相続税・贈与税の一体課税

などで注目されていた、

資産課税に焦点を当てて解説を行います。

・・・

さあ! 続きは、

今すぐ、

上記フォームに登録して↑↑↑お読みください。



どこにも活字になっていない
新鮮なネタをお届けします。

(続きはパスワードを取得して
 ごらんください・・・)


上記↑↑↑の登録フォーム

必要事項を記載してください。



すぐに、パスワードがメールで届きます

 

令和4年11月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(馴れぬ歳を生きている)(パスワード不要)

2022/11/28

テーマ239号:『馴れぬ歳を生きている』(A4に2頁)←クリック

 

染織家の志村ふくみが、

六十の手習い」について素晴らしいことを書いていたのを思い出しました。

 

エッセイ集『語りかける花』に収められている、
今から三十年以上前の文章ですが、
その後の著者をそのまま言い表しているように思います。

 


六十の手習いというのは、

六十歳になって新しいことを始めるという意味ではなく、
今まで一生続けてきたものを、
改めて最初から出直すことだと思う。(中略)

 

今まで夢中で山道を登ってきたつもりが、
よく見ればいかほどの峠にさしかかったわけでもない。

 


もう一度山の麓に立って登り直す方が
ずっと魅力的だと思うわけは、

 

要するにもう一度あの、わくわくした新鮮な驚きをもって
仕事をしたいのである。

 

わくわくした新鮮な驚きを、もう一度

と思える心の強靭さ、

しなやかさを、私も持っていたいと思います。


・・・

さあ! 続きは、

今すぐ、

上記フォーム↑↑↑に登録してお読みください。

 

どこにも活字になっていない
新鮮なネタをお届けします。

(続きはパスワードを取得して
 ごらんください・・・)


上記↑↑↑の登録フォーム

記載してください。


すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

令和4年10月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(パスワード不要)

2022/10/27

テーマ238号:『懐かしさの感覚』(A4に2頁)←クリック

 

数年前、はじめて大寄せの茶席で薄茶点前を
任されたときには、

相当に緊張したのを覚えています。

建水を持って立ち上がった瞬間、

軽く足がつってしまいましたが、

そのせいで肩の力が抜けたのが、

かえって幸いしたのかもしれません。


その時は、大きな失敗もなく
点前を終えることができました。


それから、正客の方が終始にこやかな笑顔で
接してくれたことが、大きな支えになりました。


あの正客の笑顔をひとことで表現すると
懐かしさ」になると思います。

・・・

さあ! 続きは、


今すぐ、

上記フォーム↑↑↑に登録してお読みください。


どこにも活字になっていない
新鮮なネタをお届けします。

(続きはパスワードを取得して
 ごらんください・・・)

 

上記↑↑↑の登録フォーム

記載してください。


すぐに、パスワードがメールで届きます

 

 

令和4年9月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(パスワード不要)

2022/9/27

テーマ237号:『身近なものを使うこと』(A4に2頁)←クリック

急激な円安に伴う輸入原材料の急騰に対応するために、
国内での生産に重心を置く企業も増えているようです。


もともと、新型コロナによる供給網の断絶や、

経済安全保障の高まりもあった中で、

円安を背景にブランド価値をアピールできる

国内製造を選びやすくなったということです。

このニュースに接したときに、

三里四方の食によれば病知らず

という言葉を思い出しました。

・・・

さあ! 続きは、

今すぐ、

上記フォームに登録してお読みください。

どこにも活字になっていない
新鮮なネタをお届けします。

続きはパスワードを取得して
 ごらんください・・・)

上記↑↑↑の登録フォーム

記載してください。


すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

令和4年8月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(パスワード不要)

2022/8/26

テーマ236号:『中村哲の「三無主義」』(A4に2頁)←クリック

 

私は中村哲医師が死亡したときに、
本当に遅まきながらペシャワール会の会員になり、

 

以来、「ペシャワール会報」を受け取っています。

 


先月届いた会報の中に「21年度会計報告」が
載っていて改めて考えさせられました。

 

一般会計の収入合計が8億円なのです。

 

最初「ドル」が単位なのかと疑ったほどに、
あの尊い事業がほんの僅かな浄財によって
成り立っていることに驚きます。

 


これから国家予算がいろいろなことに
使われるのでしょうが、

この8億円と比べてその有効さの度合い
考えてみようと思います。

・・・

 

さあ! 続きは、

今すぐ、

上記フォームに登録してお読みください。

 

どこにも活字になっていない
新鮮なネタをお届けします。

続きはパスワードを取得して
 ごらんください・・・)

上記↑↑↑の登録フォーム

記載してください。

 


すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

令和4年7月号 税理士法人 福岡中央会計コラム(パスワード不要)

2022/7/27

テーマ235号:『蔵書の引越し』(A4に2頁)←クリック

 

 

私事で誠に恐縮ながら、15年ぶりに引越しをしました。

 

最大の懸案事項は蔵書をどうするかです。

 

書斎の壁面を覆う本棚はすべて埋まっており、
机は「本置き」と化して、
もう本来の機能を果たしていません。

 

 

机の上に遠慮ぎみに一列に置かれていた本が、
第二列、第三列と勢力を拡大し、

その第一列の上にさらに平積みが始まると
歯止めは効かなくなりました。・・・

 

さあ! 続きは、

今すぐ、

上記フォームに登録してお読みください。

 


どこにも活字になっていない
新鮮なネタをお届けします。

(続きはパスワードを取得して
 ごらんください・・・)


上記↑↑↑の登録フォーム

記載してください。


すぐに、パスワードがメールで届きます。

 

 

1 2 3 4 6

税理士法人 福岡中央会計

〒810-0001
福岡市中央区天神5丁目7-3
福岡天神北ビル3階

・北九州事務所
〒802-0005
北九州市小倉北区堺町1丁目9-6
コンプレート堺町4階