福岡市の税理士 税理士法人 福岡中央会計最新情報

福岡市 税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計の6月号コラム:「空の青さを知る」

2024/6/26

福岡市 税理士事務所 情報:タイトル「空の青さを知る」


梅雨空の切れ間から青空がのぞき、
陽がさすのを見ると、

それだけで心が解き放たれるような
気持になります。


やがて訪れる光あふれる季節に向けて、
みずからの内に沈潜するのが、
いまという季節なのだと思います。


梅雨空から垣間見た「空の青さ」について
思いつくまま綴ってみました。


ご参考になれば幸いです。


福岡市の税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計のコラムコーナーはここをクリック!


福岡市の税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計のコラム 漁港



福岡市 税理士事務所 相続税相談 事業継承 税理士法人 福岡中央会計 空の青さを知る



福岡市 税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計の5月号コラム:「定額減税について」

2024/5/27

福岡市 税理士事務所 情報:タイトル「定額減税について」


この6月から定額減税が始まります。


「減税が始まる」と言えば、聞こえがよいのですが、

1回限りの減税手続きが煩雑で、作業が数カ月にも及ぶ

ということを意味しています。



企業の給与計算担当者が、

悲鳴を上げているというニュースが

報道されていました。



今回は、その煩雑な手続きの一端をお知らせいたします。


ご参考になれば幸いです。


福岡市の税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計のコラムコーナーはここをクリック!


福岡市,税理士事務所,相続税,定額減税について



福岡市 税理士事務所 相続税相談 事業継承 税理士法人 福岡中央会計 定額減税について



福岡市 税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計の4月号コラム:「利休忌茶会で点前を務める」

2024/4/26

福岡市 税理士事務所 情報:タイトル「利休忌茶会で点前を務める」


いつもより遅く訪れた桜の季節が終わると、

あっという間に

「山笑う」新緑の季節が到来します。


桜の咲き誇るなか催された、
利休忌茶会の点前を務めました。



季節が移ろう前に、そこで感じたことを

書き留めておきたいと思います。



詩人の茨木のり子さんの言う

「すべてのいい仕事の核」に隠されている

大切なものに通じることを願いながら、

拙文をしたためました。


ご参考になれば幸いです。



福岡市の税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計のコラムコーナーはここをクリック!


福岡市,税理士事務所,相続税,利休忌茶会で点前を務める




福岡市 税理士事務所 相続税相談 事業継承 税理士法人 福岡中央会計 利休忌茶会で点前を務める





福岡市 税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計の3月号コラム:「相続登記の義務化」

2024/3/27

福岡市 税理士事務所 情報:タイトル「相続登記の義務化」


この4月1日から、不動産の相続登記が義務化されます。


相続登記を怠っていたために、

三世代、数十人の「代襲相続人」の意見を取りまとめるために
弁護士さんが全国を東奔西走したケースや、



せっかくの遺言書が、遺言者の意思どおりに働かなかった

ケースなどを、飛び込み案件で経験してきました。



このような混乱を避けるためにも、義務化は歓迎です。


今後、相続登記をいつまでに行わなければならないのか、

詳細にお伝えします。



ご参考になれば幸いです。


福岡市の税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計のコラムコーナーはここをクリック!


福岡市,税理士事務所,相続税,相続登記の義務化


福岡市 税理士事務所 相続税相談 事業継承 税理士法人 福岡中央会計 相続登記の義務化


福岡市 税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計の2月号コラム:「春の茶会の準備」

2024/2/27

福岡市 税理士事務所 情報:タイトル「春の茶会の準備」


確定申告も佳境を迎えようとしています。


法人税申告の時期とは違って、
この時期のお客様の「個人の顔」と、
より身近に向き合うことになります。


お客様への「おもてなし」についても
自然に思いを巡らせることになります。



今回は、お茶の世界の心構えを通して

「おもてなし」について考えてみました。


ご参考になれば幸いです。


福岡市の税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計のコラムコーナーはここをクリック!


福岡市の税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計のコラムコーナー


福岡市 税理士事務所 相続税相談 事業継承 税理士法人 福岡中央会計

 

 

福岡市 税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計の1月号コラム:「「ないがまま」で生きる」

2024/1/27

福岡市 税理士事務所 情報:タイトル「「ないがまま」で生きる」


能登半島地震で幕を開けた年も、
1カ月が経とうとしています。


自然災害によって大切な人やものを失ったとき、
当事者でなくとも、その様子を見守るしかないとき、
私たちは無力さを感じます。


「諸行無常」と言葉にすることは簡単ですが、

諸行無常を心の底から受け入れながら、

なおかつ前向きに生きるとは
どういうことかと考えます。



今回は、そんなことも念頭に置きながら

考えてみました。

ご参考になれば幸いです。


福岡市の税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計のコラムコーナーはここをクリック!

福岡市 税理士事務所 相続税相談 事業継承 税理士法人 福岡中央会計



福岡市 税理士事務所 相続税相談 事業継承 税理士法人 福岡中央会計



福岡市 税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計の年末年始休業のご案内

2023/12/26

福岡市 税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計の年末年始休業のご案内


福岡市 税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計の年末年始休業のご案内

 

年末年始休業のご案内

誠に勝手ながら
2023年12月29日(金)~2024年1月4日(木)の間、
年末年始休業とさせていただきます。

営業開始は、1月5日(金)からです。


福岡市中央区 税理士事務所 相続税相談 事業承継対策 税理士法人

 

 

福岡市 税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計の12月号コラム:「令和6年度税制改正大綱発表」

2023/12/26

福岡市 税理士事務所 情報:タイトル「令和6年度税制改正大綱発表」

令和6年度税制改正大綱は非常に小ぶりであり、なおかつ
政治不信の真っただ中に発表されたこともあって、

各紙の朝刊一面のトップからも外されていました。


今回の大綱を読みながら思い出したのが、

「民は信なくば立たず」

という論語の言葉です。



大綱の内容のご説明に先立って、

この言葉について考えてみました。


ご参考になれば幸いです。


福岡市の税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計のコラムコーナーはここをクリック!


福岡市,税理士事務所,相続税,令和6年度税制改正大綱発表



福岡市 税理士事務所 相続税相談 事業継承 税理士法人 福岡中央会計



福岡市 税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計の11月号コラム:「炉開きの季節」

2023/11/27

福岡市 税理士事務所 情報:タイトル「炉開きの季節


11月は茶人の正月とも言われ、
炉開きから稽古が始まります。



炉の茶席はふすまを締め切り、
密閉した空間で暖を分かち合うのです。


炉の世界に入っていくことは、
どこか老いの世界に入っていく感覚
似ていると思います。


炉の茶席をじっくり見回すことは、
老いの世界を見回すことに
通じるのかもしれません。


今回は、炉開きを通じて

「老い」について考えてみました。


ご参考になれば幸いです。


福岡市の税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計のコラムコーナーはここをクリック!

福岡市の税理士 税理士法人 福岡中央会計のコラム:炉開きの季節


福岡市 税理士事務所 相続税相談 事業継承 税理士法人 福岡中央会計



福岡市 税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計の10月号コラム:「もてなしの心について」

2023/10/27

 

福岡市 税理士事務所 情報:タイトル「もてなしの心について」



「おもてなし」の言葉の由来には諸説があって、

「モノをもって成し遂げる」という説や

「表なし」(心に裏表ない状態で客を迎える)という説が

伝えられています。


後者の説には取ってつけたような印象がありますが、

たとえば「おもねり」「もてなし」との違いを考えると、

意外と核心を突いた説明のようにも思えます。


今回は「もてなしの心」について考えてみました。


ご参考になれば幸いです。

福岡市の税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計のコラムコーナーはここをクリック!

福岡市の税理士事務所 税理士法人 福岡中央会計のコラム


福岡市 税理士事務所/相続税 事業継承/税理士法人 福岡中央会計



1 2 3 15

税理士法人 福岡中央会計

〒810-0001
福岡市中央区天神5丁目7-3
福岡天神北ビル3階

・北九州事務所
〒802-0005
北九州市小倉北区堺町1丁目9-6
コンプレート堺町4階